自然素材・無結露の家 川崎市/横浜市
株式会社東京ハウスデザイン

夏涼しく冬暖か、結露しない長寿命住宅、セルローズファイバー・自然素材で健康省エネ住宅を提案します。

  • 東京ハウスデザイン 後悔しない家をつくりたい
  • 東京ハウスデザイン より理想的な家造りへ
  • 東京ハウスデザイン 心を豊かにする家

HOME ≫ ブログ

◆◇◆スタッフブログ◆◇◆

バカにならないランニングコスト

日本では住宅は25~30年持てばいい、という意識が強いのが現状です。
 
特に初めて家を持つ人は35年ローンを組むことが多いのに、
そのローンより住宅の方が先に寿命が来てしまうというのはおかしなことです。
 
家を建てることを考える時、やはりコストが気になりますよね。
 
家を建てる時にいくら掛かるか、月々の返済がいくらになるか等、
電卓とにらめっこしながら考えると思います。
 
その際には、建てた後のコスト(ランニングコスト)も合わせて考える必要があります。
 
例えば電気やガス等の光熱費、月々3000円違うと35年で126万の差になります。
平均10~15年ごとに必要な外壁の再塗装、屋根の防水処理、
さらに年数が経ち土台や柱が腐ったりすれば大改修が必要になります。
 
こうなると将来的に掛かるであろうコストを抑えたいですよね。
 
でも家を建てるときにはそこまで掛かるとは思わず“その時”が来た時に初めて気が付き、
そんなこと言ってもお金ないし…と後送りにし家の負担が大きくなる…
ということにもなり兼ねません。
 
 
「そんなに掛かるの!?それならランニングコストを抑えられる家にしておけばよかった!」
 
 
そんな後悔をしてほしくないから、さまざまな家を知ってほしいと思っています。
 
 
家を建てる時にはどのメーカー、工務店で建てるか比較すると思います。
建物がいくらで建つか、もちろんそれだけではないですが、当然比較検討しますよね。
 
その際には将来掛かるランニングコストも合わせて検討してみてください。
ランニングコストがゼロになることはありません。
でも抑えることはできます。
 
最初に多少コストが掛かったとしても、トータルで考えれば安くなることも少なくないのです。
 
 
もちろん、将来後悔しないためにはコストだけではありません!
 
それはまた改めて書くことにします。
 

 

コメント

株式会社東京ハウスデザイン

0120-117-377

神奈川県川崎市宮前区東有馬1-3-1

営業日
9:00~18:00
定休日
不定休

会社概要こちらから

モバイルサイト

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトQRコード

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!