自然素材・無結露の家 川崎市/横浜市
株式会社東京ハウスデザイン

夏涼しく冬暖か、結露しない長寿命住宅、セルローズファイバー・自然素材で健康省エネ住宅を提案します。

  • 東京ハウスデザイン 後悔しない家をつくりたい
  • 東京ハウスデザイン より理想的な家造りへ
  • 東京ハウスデザイン 心を豊かにする家

HOME ≫ ブログ

◆◇◆スタッフブログ◆◇◆

網戸の位置

網戸
関東もいよいよ梅雨入りしましたね。
これから蒸し暑さが増し、梅雨明けしたらもう夏です!
 
暖かくなる春先から夏に向けて気になるのは「虫」。
動きが活発になり虫嫌いの私としては緊張感が高まります。
 
とはいえ暑いからとエアコンに頼り過ぎるのではなく、
涼しい日や気温が上がる前の朝、暑さがやわらぐ夕方には窓を開けて
自然の心地よい風を取り入れたいと思いますよね。
 
窓を開ける時は虫が入ってこないように網戸を閉めると思いますが、
「えっ!?明らかに網戸の目より大きくない??」っていうくらいの
虫が入ってくることはありませんか?
 
もちろん洗濯物に付いていたり、窓を開け閉めする際に入ってしまうこともあると
思いますが、実は網戸と窓の位置によっては虫が入りやすくなってしまうのです。
 
今皆さんの近くに開いている引違い窓があったら見てみてください。
網戸は左右どちらにありますか?
 
虫が入らないように隙間を無くすには、網戸が右側にあるのが正解です。
 
右図のように網戸が右側にある場合には網戸と左側の窓のサッシがしっかりと密着して虫の入る隙間はありませんが、
網戸が左側にある場合には(隙間をふさぐ材(モヘア)が付いていても)窓との間に隙間ができてしまい、そこから虫が入ってきてしまう、
というわけです。
 
一番下は“全開にすれば隙間ができない”という図ですが、実際には左右窓が完全に重なる事はなく、やはり隙間ができてしまうと思います。
(完全に重なれば隙間はできないかもしれませんね)
 
ということは隙間を作らずに窓を開けるには右側を開けるしかないのか~
 
いつも何気なく開けている窓・・・
ちょっとしたことですが、知っていると知らないのでは大違いですよね!
 

コメント

株式会社東京ハウスデザイン

0120-117-377

神奈川県川崎市宮前区東有馬1-3-1

営業日
9:00~18:00
定休日
不定休

会社概要こちらから

モバイルサイト

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトQRコード

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!