自然素材・無結露の家 川崎市/横浜市
株式会社東京ハウスデザイン

夏涼しく冬暖か、結露しない長寿命住宅、セルローズファイバー・自然素材で健康省エネ住宅を提案します。

  • 東京ハウスデザイン 後悔しない家をつくりたい
  • 東京ハウスデザイン より理想的な家造りへ
  • 東京ハウスデザイン 心を豊かにする家

HOME ≫ ブログ

◆◇◆スタッフブログ◆◇◆

日よけ対策

西日
こんにちは。
 
久しぶりの更新となってしまいました(汗)

夏真っ盛り!というには程遠いちょっと拍子抜けな今年の夏、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 
先日、友人の家に日除け設置のお手伝いに行ってきました。
掃き出し窓の外側に設置する突っ張りタイプの
簡易日除けオーニングです。
 
拍子抜けな夏とはいえ、
西日がガンガン当たると室内気温がとてつもなく上がって
蒸し風呂状態になってしまうため設置するとのこと。
確かに西日の威力はすごいですからね~
 
陽を遮るのは、カーテンや遮熱フィルム、ガラスの性能等室内側で遮るよりも、
オーニングやシェードなど窓の外側で遮る方が効果があるって知っていますか?
 
両方できると尚いいのですが!
 
サッシメーカーのショールームに行くと、
照明を太陽の陽射しと見立ててガラス越しにどれだけの熱が伝わるか、比較する模型が展示されていたりします。
①シングルガラス
②ペアLow-Eガラス
③ペアLow-Eガラス+外部日除け
実際に触って比較してみると驚くほどガラスの温度が違うのです。
(もちろん③が一番効果あり!そんなのわかってるよ~と思っていても実際に触るとちょっと感動します☆)
 
また、オーニングやシェードだけでなく、サッシの上の庇を大きくしたり、サッシの前に落葉樹を植えたりすることも大変有効です。
 
庇は夏の太陽高度が高い時期には日影を作り、冬の太陽高度が低い時期には室内に陽を取り込むことができます。
落葉樹は夏は緑が陽を遮ってくれ、冬は葉が落ちるため陽を遮ることはありません。
昔からの知恵ですね~
 
今後は温暖化の影響で気温上昇が予想されますし、少しでもエアコン使用が控えられるように、建築の作り方や植樹の工夫、
オーニングやシェードでの日除け等、自然の工夫を取り入れられるといいですね♪
(電気代も温暖化への影響もバカになりませんからね)
 

コメント

株式会社東京ハウスデザイン

0120-117-377

神奈川県川崎市宮前区東有馬1-3-1

営業日
9:00~18:00
定休日
不定休

会社概要こちらから

モバイルサイト

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトQRコード

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!