自然素材・無結露の家 川崎市/横浜市
株式会社東京ハウスデザイン

夏涼しく冬暖か、結露しない長寿命住宅、セルローズファイバー・自然素材で健康省エネ住宅を提案します。

  • 東京ハウスデザイン 後悔しない家をつくりたい
  • 東京ハウスデザイン より理想的な家造りへ
  • 東京ハウスデザイン 心を豊かにする家

HOME ≫ 後悔しない家づくり

後悔しない家づくり

透湿するということ

壁内結露が家の寿命を短くする!

家の寿命が短い原因の一つに結露があります。
寒い日にサッシに水滴がビッショリ付いていたという経験があると思いますが
同じことが壁内でも起こっているのです。

なぜ壁内結露すると家の寿命が短くなるのか。

家の外と内では、温度差・湿度差があります。
特に日本には四季があり、皆さんも季節によってその変化を感じていると思います。

例えば、高温多湿な夏、冷房により室内外に温度差がある場合
高気密工法(グラスウールなどの断熱材+気密シートによる防湿気密層)では
室内の水蒸気が気密シートにぶつかって通過できず
冷えて壁の中で結露となってしまいます。

水蒸気はその性質上、温度の高い所から低いところ、湿度の高い所から低いところへと移動しようとします。
その動きが気密シートによって妨げられた時、気体の状態を維持できず水になってしまうのが結露という現象です。

結露した壁内ではカビが発生し、カビはダニを呼び、ダニはシロアリやゴキブリを呼びます。

すると、建物の主要な土台や柱をシロアリが食べ散らかしてしまい、家の寿命が短くなってしまうのです。

いくら建物の構造躯体をがっちり金物補強しても、土台や柱・梁などの構造部材がスカスカでは、金物は意味をなしません。

透湿するということ

水蒸気を遮断しようと気密するのではなく、透湿(水蒸気を透す)させることで結露は防げます。
(遮断しようとしても隙間から必ず入ろうとします、自然には逆らえません)

結露が防げれば構造躯体は腐らず建物は長持ち、人も家も健康的に過ごせます。

東京ハウスデザインでは透湿防水シートを採用しています。
透湿防水シートは水蒸気のように小さな粒子は透しますが、水や空気のように大きな粒子は透しません。

もちろん透湿防水シートだけでなく、その他外壁を造っている部材・建材を透湿できるようにします。
外壁材、外壁下地材、断熱材、内装下地材、内装仕上げ材・・・水蒸気を遮らないようにすることで結露の発生を防ぎます。

紹介する部材・建材は推奨のものの一部ですが、他のものであっても「透湿させること」を考慮しご提案いたします。

断熱材セルローズファイバー

皆さんは自分の家にどんな断熱材が使われているかご存知ですか?
断熱材と言っても鉱物系、プラスチック系、自然素材系など種類があります。
私たちは人や環境にやさしい、透湿する自然素材系のセルローズファイバーを提案しています。

セルローズファイバーとは? 

セルローズファイバー
人や環境、住宅にも優しい、新聞古紙を再利用してできた自然素材の環境配慮型断熱材です。
さまざまな太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、
1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在していて、
この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくします。

セルローズファイバーの特長

断熱性能が高い

従来のマット状の断熱材は、施工する際に筋交いやコンセントボックスなどが邪魔で隙間ができたり、湿気で沈んでしまったりしますが
セルローズファイバーは機械で密に吹き込むので隙間ができず、断熱性能が維持されます。
(わずか5%の隙間で断熱効果は半減すると言われています)
「暖房にしてもなかなか温まらない」「冷房が効きにくい」など、そんな悩みも一気に解決します。

調湿・結露防止効果が高い

木質繊維のセルロースファイバーは住宅内で生きていて、周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりしています。
この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防止するのです。
外気の湿度が高いときには湿気を吸い取り、乾燥しているときは蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、
生きている繊維ならではの防露効果を発揮しますので、部屋の中はいつも快適な湿度に保たれます。

遮音性能が高い

木質繊維は繊維の中にたくさんの空気胞があるため、高い吸音性を発揮します。
この空気の層が音を吸収し、優れた防音効果が得られるのです。
「隣のオーディオの音がうるさい」「自動車の騒音で夜も眠れない」「ピアノの音が近所迷惑じゃないかしら」・・・
そんな音の遮断効果を上げるにはセルローズファイバーが最適です。
家の外からの騒音をおさえ、中から外に漏れる音をやわらげる優れた防音効果をもたらします。

防燃性能が高い

セルローズファイバーはホウ素系の薬品によって防燃処理された国土交通大臣認定の準不燃材料です。
1,000℃の炎でも表面が焦げるだけです。
万が一火災が発生しても、延焼を防ぎ、そのうえ有毒ガスも発生しません。

防虫効果が高い

ホウ酸は弱酸性で緩消毒性を持つためカビや菌の発生を防止、シロアリやゴキブリなどの害虫を寄せつけません。

防錆効果が高い

ホウ酸に触れている金属は防錆性に優れているということが様々な実験から明らかになっています。
近年、耐震性を高めるために構造金物が多く使われていますが、それらの金物を錆から守ります。

防カビ効果が高い

天然素材が持つ吸放湿性、結露が発生しないため、カビをシャットアウト。
収納内部等の嫌な匂いの発生を防ぎ、布団が湿っぽくなったりという心配もありません。

安全性が高い

セルローズファイバーはセルローズ(木質繊維)であり
添加されているホウ素系薬品は医療や食品にも使用され、人体への蓄積や残留がありません。
しかも安全基準に厳しいアメリカで50年以上の歴史がある製品です。

省エネ性能が高い

セルローズファイバーは、地球にもやさしい断熱材、高い断熱性能により冷暖房費を約1/2以下に抑えることができます。

そとん壁

そとん壁イメージ
外装材は人に優しい100%自然素材、スーパー白洲そとん壁を提案しています。

主原料のシラスは多孔質でシラス壁は透湿性に極めて優れているのに完全防水、
建物を湿気による結露やカビの被害から守ります。
シラスは無機質な天然セラミック素材のため、紫外線や風雨による褪色・劣化が起きにくく防水性も
劣化しないため、再塗装のメンテナンスが不要、建物の維持管理の費用と手間を大きく軽減します。

また、多孔質のシラス内部に空気を取り込み断熱性能に優れているため、
節電しながら快適に過ごせます。

そして独特の風合いと質感に富んでおり、人工的な建材では表現できない本物の質感、
生命力溢れるデザイン性で建物の品格を高めます。

紙クロス+チャフウォール

紙クロス
内壁・天井には紙クロス+チャフウォールを提案しています。

紙クロスは天然素材で製造された「呼吸する壁紙」、
通気性・吸湿性に優れ結露やカビの発生を抑えます。
化学物質を使用しておらずホルムアルデヒドなどの人体に有害な物質の発生もありません。
材料となる紙は再生紙、木片は端材や間伐材を利用しており資源の有効活用にも貢献。
種類豊富なパターンがあり、凹凸模様による光と影のコントラストは
シンプルでソフトな美しさを表現します。

そして紙クロスの上に塗布するチャフウォール、
100%天然素材のホタテ貝塗料の内装仕上げ材です。
漆喰のような仕上がり感でカラーも選べます。

チャフウォールの特長

ホルムアルデヒド・TVOC(総揮発性有機化合物)を低減

素材の持つ多孔質性により、空気中に拡散しているホルムアルデヒドを7分後には1/120に、
TVOCを1/3に吸着・分解する作用があります。

消臭性

タバコ・ペット・トイレ・その他生活臭を、多孔質性による抜群な吸収力で安全に除去します。

吸放湿性・防カビ性

ホタテ貝殻粉末の多孔質構造により、壁や天井に塗布することで室内空気の清浄活性化を図ることができます。
調湿機能の働きで結露防止にもなりカビの発生を防ぎます。

抗菌性

ホタテ貝殻を砕いて熱を加えた粉末には、大腸菌やブドウ球菌に対する抗菌・殺菌機能が確認されています。

防火性

万が一の火災時にも有毒ガスを発生しません。

無垢材

無垢フローリング
現在の住まいにはあたりまえのように新建材が多数使用されていますが、私たちは人工物・設備に頼り過ぎず自然素材・天然無垢材を使用し
健康で安心・安全、そしてぬくもりを感じられる、人間が住まうべき本来の住宅、本物の木の家をご提案いたします。

外壁・内壁・断熱材以外にもこだわりポイントがあります。

30mm厚の無垢フローリング

フローリングは大きく分けて2つに分類されます。
100%天然木を使用した(一枚ものの木)無垢フローリングと
台板となるベニヤ合板の上に突き板(木材を薄くスライスしたもの)などを張り付けた複合フローリングです。
それぞれに特徴があります。
無垢フローリング30mm
  • <無垢フローリング>
  • 自然の木なので、調湿作用がある
  • 見た目の風合いがとても良い
  • 木の芳香がある。リラックス効果がある
  • 木は音をバランス良く吸収して程よい残響音を残してくれる
  • 足触りが良く湿気が多い時のベタベタ感や踏んだ時のヒヤッとした感じがない
  • 接着して作っていないため化学物質も少ない
  • 経年劣化ではなく経年変化というように年が経つにつれて味が出る
  • 反りやきしみなどがある
  • 定期的なメンテナンスが必要
フローリング
  • <複合フローリング>
  • 反りや伸縮がなく材が安定している
  • 施工が楽
  • 床暖房にも対応できる
  • 掃除やメンテナンスが楽
  • 傷が付くと目立つ
  • 熱や水気による表面のひび割れや剥離がある
  • 複数の基材、仕上げ用の木材を接着剤で張り合わせているため、無垢材に比べて化学物質が多い
  • 踏み心地が固く、自然の風合いを感じにくい
  • 調湿作用はない
それぞれメリット・デメリットがあり、住む人が何を重視するかによって選択することになると思います。

私たちは、より自然に近く、生きている木ならではの風合い、性質をご説明した上で、
30mm厚の一本もの無垢フローリングをおすすめしています。
ナチュラル素材の家

合板・ベニヤをできるだけ使わない

完成したら見えなくなってしまう柱や梁等の構造躯体はもちろんのこと、
細かい造作で使う木材に関してもなるべく無垢材を使用するようにしています。
合板やベニヤを使うと施工性は良いですが見えなくなるからいいや、と使いたくはないのです。
もちろんコストバランスもあるため、絶対使わないとうことではありませんが、
より自然に、体や家に負担が少ないものを使用するよう心がけています。

制震性能

制震ダンパー
これから建てる建物が大地震に遭遇する確率はどれほどあるのか、
近い将来、首都圏でも大きな地震が発生する確率は
非常に高いと言われています。

これまでの震災では本震だけでなく多くの余震も発生し
建物は一度だけでなく何回もの揺れに耐えること、
さらには損傷をいかに抑えるかが、
その後の生活にも大きく影響してきます。

建物の耐震性を高めるとともに
「制震」を考えることも選択肢の一つと考えます。
地震に耐える強さを増す耐震性に加え、
地震の衝撃を約1/2に軽減する制震ダンパーも採用しています。
東京ハウスデザイン お問い合わせはこちらから

株式会社東京ハウスデザイン

0120-117-377

神奈川県川崎市宮前区東有馬1-3-1

営業日
9:00~18:00
定休日
不定休

会社概要こちらから

モバイルサイト

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトQRコード

株式会社東京ハウスデザインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!