【深掘り】自然素材の家はホコリがたまりにくい?

【深掘り】自然素材の家はホコリがたまりにくい?|株式会社東京ハウスデザイン

今回は、前回ご紹介したお客様の声の中から「ホコリが少ない」ということについて、少し詳しく書いてみたいと思います。

自然素材の家とホコリ

「以前住んでいた家に比べてずいぶんとホコリが減って、掃除機をかけることが少なくなりました!」
「お部屋のホコリが少なくなって、お掃除がラクになりました!」

弊社で自然素材の家を建てていただいたお客様から多くいただく感想で、皆さま大変喜ばれています。

では、なぜ自然素材だとホコリが少なくなるのでしょうか?

ポイントは『静電気』です!

静電気がどのように自然素材やホコリに関係するのか!?ひも解いていきましょう。

内装仕上げに使用される建材

まずは住まいの内装仕上げである床や壁・天井にどのような建材が使用されているか、考えてみます。

一般的に多く使用されている内装建材の代表格といえば、床は基材が合板でできている複合フローリング、壁・天井仕上げはビニールクロスです。
これらは大量生産されている工業製品のため、低価格で多くの種類・デザインがあり、施工も比較的簡単なため、使いやすいとされる建材で「新建材」といわれています。

それに対して、人工的に合成した化学物質を使用せず、自然の素材がもつ性質をそのまま活かせるように仕上げた素材を「自然素材」といいます。
内装仕上げでは無垢床材、紙クロス、チャフウォール、無垢板張り、しっくいなどの塗り壁(化学物質などの混ざりものがないもの)などがあります。

では、住まいの内装仕上げに新建材を使用した場合と、自然素材を使用した場合、それぞれ静電気やホコリとどのように関係しているのか、考えてみましょう。

新建材は静電気が発生しやすい

【深掘り】自然素材の家はホコリがたまりにくい?|株式会社東京ハウスデザイン

新建材は工業製品でその表面はビニールやフィルムで加工されています。
加工により静電気が起こりやすくなり、ホコリを寄せ付けてしまいます。
お部屋の床や壁・天井の仕上げに表面加工されている新建材を使用した場合、静電気が起こりやすい素材でぐるりと囲まれていることになり、ホコリがたまりやすい環境になってしまうのです。

ついさっき掃除機をかけたのにまたホコリが落ちている・・・
毎日どこからかホコリが湧いて出てきて、しょっちゅう掃除機をかけているなぁ・・・

そう思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、掃除機などで舞い上がったホコリが静電気によって壁や天井にくっつき、落ち着いたころに落ちてきていたり、細かいホコリ同士が静電気でくっつきあって目に見えるホコリになって漂っている、ということが起こっているのかもしれません。

自然素材は静電気が発生しづらい

【深掘り】自然素材の家はホコリがたまりにくい?|株式会社東京ハウスデザイン

一方、当社で使用している一本物の無垢床材、紙クロスやチャフウォール、コットンクロスなどの自然素材は、静電気がたまりにくい素材のため、ホコリが床や壁・天井に吸い寄せられたり、ペタッと張り付いたりすることはほとんどありません。

紙クロスにチャフウォール塗装をしている壁に、長い間、絵や写真の額を飾っていても額の跡が付くことはありません。それは、静電気の発生によるホコリの寄せ付けがないからと考えられています。

自然素材には新建材のようにさまざまな機能を付加するための表面加工はしていません。
さらに、自然素材特有の調湿効果によって静電気が発生しづらい状態を保っている、ともいわれています。

お部屋の床や壁・天井の仕上げに自然素材を使用した場合、ホコリがたまりにくい環境で室内を清潔に保つことができ、健やかな空間で過ごすことができます。

また、当社では内装材だけでなく外壁材も自然素材のそとん壁を使用していますので、静電気による汚れの吸着を防ぐことができ、メンテナンスも簡単です。

ホコリがたまったらどうなる?

ホコリの発生やたまりやすさには、静電気の発生がとても大きく関係していること、そして静電気の発生には、使用する素材や表面加工の有無が大きく影響していることがわかりましたでしょうか。

では、ホコリがたまったら何がまずいのでしょうか。
掃除の手間が増えて大変になること?もちろんそれもありますが、住む人にとっての影響はそれだけではありません。

「ホコリ」には目に見えるホコリだけでなく、アレルギーの原因となるハウスダストや目に見えない細かいホコリがあります。その中にはダニの死骸やフン、カビや花粉、繊維のクズ、ペットの毛などさまざまなものが含まれ、それらを吸い込むとアレルギー症状を引き起こすことがあります。
室内を清潔に保つことは、住む人や家族の健康を保つことにもつながるのです。

ホコリがたまりにくい空間にするには

もちろん自然素材を使用したからといって、ホコリがゼロになることはありません。
家の中にはテレビや冷蔵庫などホコリを寄せ付けやすい電化製品が多くありますし、人や荷物がホコリを持ち込んでしまったり、家具やカーテンなどのファブリックがホコリを吸着することもあります。
また、間取りや人の動線、家具の配置、風通しなど、ホコリがたまる要因は静電気の発生以外にも多くあります。

しかし、お部屋の中で広い面積を占める床や壁・天井の仕上げを、表面加工された新建材ではなく、静電気の発生しづらい自然素材にすることによって、ホコリがたまりにくい空間にすることは可能です。

住まいの内装仕上げを考える際には、ぜひ室内のホコリとホコリによる人体への影響なども考えながら、建材を選んでみてはいかがでしょうか。

「空気感が違う」といわれる自然素材の家、
興味のある方はぜひTHD健康住宅体験ハウスにて体感してみてください!

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
株式会社 東京ハウスデザイン

株式会社 東京ハウスデザイン

モデル見学は随時募集していますのでお気軽にお問い合わせください♪ https://tokyo-hd.com/booking/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。