後悔しない家づくり​

会社設立以前より30年以上にわたり何千軒もの家を調査・リフォームしてきた経験から、私たちが住まうべき「本物の家」とはどのようなものか、もっと多くの方に知っていただきたい、そして体感していただきたいと考えています。

一般的な住宅の寿命は、欧米諸国で80~140年と言われるのに対し、日本の住宅はたったの25~30年ほどと言われています。

なぜ日本の住宅はこんなにも短命なのか。

本来、安心して過ごすことができ、安全であるべき空間のはずなのに、まるで使い捨てのような家で本当に良いのでしょうか。

これまで見てきた多数のリフォーム現場では、ほとんどの家がカビ臭いような匂いがしていて、壁を壊すと中の断熱材やベニヤ、木材が黒くなっている、つまり見えない部分でカビが発生していたのです。

さらに柱や土台などの構造躯体がシロアリ被害や腐れによりボロボロになり、耐震強度が低下していることが多く、住宅の寿命の短さを目の当たりにしてきました。

高温多湿の日本では、湿気の動きをきちんと考えなければいけません。

カビの発生、シロアリ被害、木材の腐れ、住宅の寿命の短さは、壁内結露が原因のひとつなのです。

東京ハウスデザインでは、日本の気候に合った工法で、化学物質が少ない自然素材、透湿する素材でつくる無結露の家を提案しています。

人も家も健康的に過ごすことができ、安全で長持ちする家、冬暖かく、夏涼しいだけでなく、メンテナンス費用やランニングコストを抑えられる省エネの家、何よりも後悔しない家づくりを叶えるために、私たちが誠心誠意お手伝いいたします。

壁内結露